寒さは受験勉強の敵、腰痛にならないよう良い環境作りを

寒さは受験勉強の敵、腰痛にならないよう良い環境作りを

受験勉強をするには勉強のしやすい環境が大切です。

その中でも腰痛対策と冬の寒さ対策は受験勉強にはとても大事です。

寒さ対策には足を暖める

四字熟語に「頭寒足熱」という言葉があります。

これは頭を涼しくして足を暖めるのが健康に良いという意味の四文字熟語です。

なので寒さ対策には足を暖める事が大事です。

おすすめの足の暖め方は「極厚生地の靴下」を使う事です。

最近の靴下の性能はとてもレベルが高くなっています。分厚くて履き心地の良い靴下はたくさん売っています。

寒い中、裸足で勉強をしていたら、体に良く無いですし、寒さを強く感じて勉強に集中できません。

勉強をする場所はコタツはダメ

足を暖められてテーブルもあるのでコタツは勉強をするにあたっては持ってこいだと思われますが、コタツはあまりおすすめできません。

理由としては「眠気が来やすい」という所です。

眠気は受験の敵、勉強していて眠気が来たら、暗記に支障が出ます。

そしてもうひとつは姿勢が悪くなりがちでお尻や腰が痛くなります。

やはり勉強は椅子に座って、そしてお尻や腰が痛くならないよう暖かい電気座布団がおすすめです。

勉強をするなら、厚い靴下を履きながら、電気ストーブを使って机で勉強するのが1番です。

まとめ

受験勉強をする上で大事なのはいかに集中して勉強出来るか。

その為には心地よい勉強場所が大事です。寒い中や騒音の中では勉強の効率はグッと下がります。

なので、効率の良い受験勉強をするためには、まず「環境」から良くしていった方がよいです。