鬱のピンチを整骨院の治療で乗り切りました。

鬱のピンチを整骨院の治療で乗り切りました。

親族から受けるストレスが重なり、毎日ひどい目眩に悩まされるようになりました。

親族の話だけに、友人にも愚痴れず、ストレスは溜まる一方でした。

目眩がするので、遠くへの外出も出来なくなり、だんだん鬱状態になりました。

そんな時、いつも行っている整骨院に行き、話を聞いてもらいました。

私があまりに元気がなかったので、先生に「今日は、軽めの鍼にして、あとはマッサージをしましょう」と言われました。

整骨院の鍼は、個人の治療院と違い、凝っているところを深めに刺す場合が多いのですが、その日は「経絡治療」と呼ばれる浅い鍼で、気の流れを良くする鍼をしてくださいました。

そのあと、太股とふくらはぎ、足裏を30分以上かけて優しくマッサージしてくださいました。

東洋医学では、「気」が上にあがると、イライラしたり不安になったりすると言われているので、下半身に「気」や「血」が巡るように、足を
マッサージしてくださったのだと思います。

とても癒されて、その日はぐっすり眠れました翌日起きてみると、昨日までの体と違うのです。

鉛のように重かった体が、なんだか軽くなり家事もはかどります。

そして、だんだんと気持ちが明るくなり、鬱のピンチを乗り切ることが出来ました。

整骨院の先生に感謝です。